忍者ブログ
[289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近お隣で犬を飼い始めました。
遠方にいる息子さんが飼ってた犬らしいのですが
なんらかの理由で実家で飼ってもらうことになったらしいのです。
白いプードルです。ちっこいやつです。
家の庭から1メートル程の段差を隔てて
触れ合うことも可能な場所にいます。

でもちょっと近い距離で姿を見られると吠えられます。
なんだか怒ってるみたいなんです。
たまに「ウゥゥゥーッ」とか唸るし。

ところがある日、また吠えられたんだけど
よく見るとちっちゃい尻尾をプルプル振ってました。
あれれ?と思ってちょっと近付いてみると
吠えるんだけど何だか嬉しそう。
もうちょっと近付いてみたら明らかに嬉しそう。
触って撫でてあげたら吠えなくて
あちこちペロペロ舐めたりしてくれました。

基本的に人が好きな犬のようです。
「こっち来てよ、こっち来てよ」
と吠えてるようです。
可愛いなぁ。

今は猫の方がいいけど。

070617josei2
PR

コメント
犬ぬ。
僕は犬の吼え方一つで好意的なのか敵対的なのかすぐ分かってしまうスキルが身に染みていますので、すぐ識別できますよー。
声を聞いただけで大体何を言いたいのか分かります。

吼える犬が友好的かどうかの簡単な識別方法は、歯を剥いてるか否かです。鼻にシワを寄せていたり上唇を上げていたら、相当にガチなので近づかない方が無難ですね。食われます。
そうでない場合は牽制だったり、「こっち来て!」という意味だったりします。尾を振っていれば確実に友好的ですから安心して平気ですよ。

犬は「ワン」「ウー」「キャン」くらいしか言えないので、何を言うにも吼えなくてはならないっす。でも吼える犬すべてが敵対しているわけでないので、様子を伺うことが重要ですね。

ちなみに「ウー」の場合は敵対している場合が多いんですが、個人差が結構あって、「こっち来て!」の場合もあるので複雑怪奇です。
【2007/06/18 23:49】 NAME[ガイバラ] WEBLINK[] EDIT[]
犬猫
昔から犬と接する機会が少なかったので
犬が自分に向って盛んに吠えている=(イコール)怒っている、恐い
というイメージがどうしてもあるみたいです。
なので友好的に吠えてたとしても
その犬の性格とか分かってないと、
どうしても警戒してしまいますね。

猫だったらね(笑)結構わかるんだけど。
日常的に接しているから嫌でもわかってくるというか。

色々飼える動物の中でも犬猫クラスになると
お互いの気持がわかったりするので一緒に暮していて楽しいですよね。

あ、1回お隣の犬とふれあいに来ますか?
ちょっと庭の草木をかき分けなくちゃいけないかも知れませんが(笑)
【2007/06/19 23:14】 NAME[瞬く] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
プロフィール
HN:
瞬く
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
カラオケとか
自己紹介:
お絵書き大好き
虚弱体質の体育会系
自然や動物とか好き
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析